アクセント

施工事例

アクセント

現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも
    

冬の寒さが厳しい地域のため、断熱材をしっかり入れ、床にはすべて温もりを感じられる無垢材を採用。窓は、樹脂とアルミの複合構造で結露を防ぎ、高い断熱性をもつハイグレード製品を選択しました。間取りは、将来お母さまの介護が必要になった場合を配慮。キッチンと和室をつなげて広いLDKにし、トイレを拡大してお母さまの寝室近くに移動。浴室は、トイレの横に設置しました。もちろんバリアフリー設計とし、暮らしやすさを大幅に向上。 息子さんは、趣味のオーディオ機器を楽しむため、部屋には防音加工を施し、重量スピーカーを支えるため通常の3~4倍の床下補助を実施しました。LDKとオーディオルームで存在感を感じさせる梁は、工事で天井を抜いた時に姿を現したもの。あまりに見事なため、大工と話し合った結果、現し梁にして生かすことにしたといいます。これによって開放感が増し、同時に空間のアクセントにもなりました。 こうして、以前よりも格段に快適になった家で、W様は大好きなオーディオを存分に楽しみ、心豊かな時間をはぐくんでいるようです。

施工エリア
浅口市
リフォーム期間
約2ヵ月
費用
約1780万円(全面改修)
アクセント

年齢を経ても使いやすく

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    年齢を経てもスムーズに入浴できる、ベンチ付のTOTOサザナシステムバス

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    トイレは車椅子でも余裕で入れる広さ。お父さま所有の一枚板をカウンターに採用

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    暗くなりがちな洗面脱衣室にはガラス瓦の天窓を開口して明るさを取り込んでいる

アクセント

現し梁をアクセントに

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    天井は網代風にし、現し梁は磨いてつや消し塗装を実施

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    ビルマチークの無垢材を床にあしらい、家の歴史を刻む梁が存在感たっぷり。隣のオーディオルームまで貫く梁は9mもの長さ

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    キッチン上の照明は現し梁に合うようにプランナーが選び直した

アクセント

暖かく心地良い家に

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    以前は結露がひどく、水分が凍りついて開かないこともあった窓も高性能の製品に一新

  • 現し梁は空間に開放感を与えアクセントにも

    一階の広縁は、壁と建具は既存のまま生かし、床を補強。天井は新しくやり替えた

アクセント

お客様の声

寒さが身にしみていた家を、きちんとリラックスできる生活空間にしたいとリフォームに踏み切りました。細かい部分は久山さんにお任せしましたが、私たちのこだわりを忠実にプランに反映していただき、さらに女性目線でインテリアや照明などの提案もしてくれて、温もりが感じられるイメージ通りの家になりました。天井の梁や父が持っていた無垢板など、生かせるものはしっかり生かしてもらえたのもうれしかったです。

私が担当しました!

私が担当しました!
私が担当しました!
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

050-7586-2801

050-7302-0938

受付時間 10:00〜18:00

WEBで来店予約のかたにQUOカードを進呈!

Quoカード