アクセント

お客様インタビュー

アクセント

木目を基調としたナチュラルテイストな住まい

木目を基調としたナチュラルテイストな住まい
お施主様
M様邸
施工エリア
倉敷市
施工内容
LDK、水まわり(キッチン・トイレ・お風呂)工事
営業
金丸 勢也
プランナー
岡田 奈津美
現場監督
黒田 昭夫

──リノベーションをしようと思ったきっかけを教えてください。

 

奥様:実は初めからリノベーションを考えていたという訳ではなかったんです。最初は収納スペースが小さくて使い勝手が悪かった居間の押入れをクローゼットにしようと思っていました。それで相談させてもらって、改装後のイメージも作ってもらっていました。友人にも相談していたんですが「他にも気になるところがあるなら一気にリノベーションしてみたら?」と言われて、主人にも相談してみたんです。それなら、リビングとつながったら広くなって良いよねって話になり、リノベーションをお願いしてみようということになりました。

 

 

 

 

──住まいについてどのようなお悩みや思いがありましたか?

 

奥様:リノベーション前は、キッチンが狭くてすれ違うこともできませんでした。作業するのも大変でしたし、収納が少ないのも不便でしたね。あとお風呂などの水まわりについても不満な点があって。お風呂場はタイル張りで、冬場は本当に寒かったんです。

 

 

 

──カスケホームのご提案内容はいかがでしたか?

 

奥様:3パターンくらいプランを出していただきました。逆転の発想というか、どういう風になるんだろう?という感じでしたね。

 

岡田:最初は、収納だけのご相談だったのが、リノベーションまで考えていただいたので、私どもも一番しっくりくるパターンを提案できればと思い、何パターンかご提案させていただきました。

 

奥様:その提案を見せてもらって、驚きもあって決めたという感じです。キッチンを今までとは真逆の位置に配置するという発想には驚きでした。勝手口がキッチンと近くなったので、今では冷蔵庫までモノを運ぶ手間がはぶけるようになりました。動線が整理されたという感じです。

 

 

 

 

──リノベーションでこだわったところはありますか?

 

奥様:木を使ったところです。キッチンの背面収納とかもそうですが、木目が素敵な家にしたかったんです。天井は木目調のクロスも考えたんですが、木目を出すなら本物が良いなと思って。もともと木でできたものが好きで、木でできた小物も持っていたので、飾りたいなと思っていました。

 

あと収納家具を減らして、造り付けの収納を増やしてもらったので掃除が楽になりましたね。以前だったら、ストレスを感じてしまうような、隙間の掃除も簡単になりました。フローリングもワックスがかかっているので手入れがしやすいです。

 

岡田:突板のフローリングは、見た目は無垢材に似ていますが、無垢よりも傷がつきにくくお手入れが楽です。今後は水拭きと乾拭きだけで大丈夫です。

 

奥様:孫がよく来てここで遊ぶから、とにかく傷が目立たないのがよかったです。

 

 

 

 

──お引渡しからもうすぐ1年ですが、住んでみての感想を教えてください。

 

奥様:キッチンに2,3人、ゆったりと立てるのが良いですね。それと、リビングが広くなったことで孫が遊ぶコーナーができたことが嬉しいです。孫たちはここで遊んで、大人たちは隣でくつろげます。5歳になる孫が、「ばあばのおうちが好き」って言ってくれますね。お嫁さんも気に入ってくれているみたいです。一番それが良かったなと思います。

 

あとリノベーションしたことで、友達を呼べるようになりました。以前もお茶を飲んだりしていましたが、本当に台所っていう感じでした。今は、セパレートになったので、まるでカフェみたいな感じだねって、友達と話しています。

 

岡田:リノベーションをして、お友達とご家族に喜んでもらえて、更にお手入れなど生活の時短もできるようになったようで良かったです。お話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

お客様専用ダイヤル

050-7586-2801

050-7302-0938

受付時間 10:00~18:00

※営業の方は086-526-1313(玉島本店)

お問い合わせ・来店予約はこちらから